新着トピックス



大阪プラントは1996年より日本初のパイオニアとしてリサイクルトナーカートリッジの開発、製造販売に着手しました。その後もカラーリサイクルカートリッジやリサイクルインクカートリッジの研究開発に着手し、現在でも創業約40年で培ったプロセスで開発力、部品調達、商品解析力で業界を先駆し続けています。また新分野として2009年よりリサイクルバッテリー事業の研究開発を開始し、廃盤機種などを合わせて500種類以上のバッテリーの再生実績を持ちます。さらに山梨工場にはフォークリフト用バッテリーを始めとした海外製の新品鉛バッテリーを多数在庫管理し、幅広いバッテリー商品を取り揃えております。

回収運動

リサイクルトナーカートリッジビジネスでは、開発能力、部品調達、商品解析力で業界を先駆し続けています。

詳 細

リサイクルインクカートリッジビジネスは環境保護に貢献し、更に印刷コストの削減にも役立ちます。

詳 細

日常的に回収されるバッテリーの有効活用方法としてリサイクルバッテリービジネスを行なっております。

詳 細

工場や作業現場で活躍するフォークリフトの新品バッテリーを多機種在庫管理しております。

詳 細